太陽光発電でシャープの取り組みの5つの特長について

シャープは、国内の太陽光発電の分野においてNO1に支持されているメーカーでありますが、その支持される理由については、まず価格が安い点にあります。
例えば、国内にはシャープ以外に京セラ、三菱電機、パナソニック等のメーカーがありますが1Wあたりの価格が482円と他のメーカーより圧倒的な安さを誇ります。
同じ様に1Wあたりに換算すると京セラが608円、三菱電機が630円、パナソニックが727円という具合ですので、それと比較すると断然です。
またシャープには他のメーカーにはない独自のシステムや取り組みを行っている点があります。
一つ目には、形状の異なる4種類のモジュールを組み合わせて利用出来る「ルーフィット設計」が見られることです。
これによって数センチ単位で屋根を有効利用することを実現できるメリットがあります。
また二つ目には、屋根の各面単位で発電された電力を接続箱でまとめるといったことをしないで直接パワーコンディショナーでまとめることで、電力損失を抑えた点があります。
当然これによって、最大限無駄なく電力を利用することが出来ます。
そして三つ目には、パワーコンディショナーが35度を超えると運転抑制を行う機能があるのが普通です。
それだと快晴なのに使える電力を抑えてしまうため、冷却用のファンを搭載していて回路を暑さから保護して、夏場の暑いときでもスムーズに運転できるように実現した点です。
四つ目には、パワーコンディショナーを最大三台までを一括で管理することができ、他の発電機器の増設や併設をしやすいように対応できるようにした点です。
しかもそれを電力モニタによって一元管理で見ることが出来るため、解りやすい点も魅力です。
最後に五つ目としては、メーカー保証が優れており、何かあってもアフターサービスが万全な体制を整えている点です。
10年の無料補償と15年の有料補償の二つの制度があり、安心してサポートを受けることが出来る点も支持されている理由であります。
このように、コスト面と5つの特長によってシャープは太陽光発電の分野では他の競合メーカーよりも優れているので国内シェアでNO1を実現している訳です。


WordPress Themes