太陽光発電の設置工事の流れについて

太陽光発電の設置工事については、最近は分譲住宅において建売りの住宅ではあらかじめ設置工事を行っているケースが多く見受けられます。
そのため、入居した最初から太陽光発電の恩恵を受ける体制が整っている住宅も多かったりします。
ただ従来の一戸建ての住宅で新しく太陽光発電を導入しようと検討しているご家庭においては、太陽光発電の設置工事を施工業者に行って貰う必要があります。
そのため、念入りな打ち合わせや相談を欠かすことが出来ないというのが普通になっています。
一戸建て住宅を持っている人は、まず太陽光発電の調査を施工業者に依頼します。
そして、施工業者が現地調査を行ない配置図と見積書を提示する形となります。
そこでは光熱費削減効果がどの程度あるか、イニシャルコスト回収期間がどのくらいになるかのシミュレーションを行ってくれたりします。
具体的にその効果等や工事の進め方、金額等がどのくらいになるかの詳細の説明を受けることとなります。
そこまで見積もり詳細や補助金の申請等で把握することが完了したら、具体的に設置工事の注文を行う形となります。
具体的な設置工事としては、太陽電池モジュールを取り付ける機器設置工事と取り付けた機器との電気配線を行う工事を行う形になります。
屋根に太陽光パネルを設置するためには、パネルを載せるための架台を組む必要があります。
太陽光発電で得られた直流電力を交流電力に切り替えるパワーコンディショナーを設置します。
その後、太陽光発電装置からの配線を行い、発電モニタを取り付け、売電用と買電用の二つの電力量計を設置します。
以上が設置工事の一連の流れになります。
なお電力会社との交渉や調整においては、当然工事の施工を行った会社が行ってくれるので、施工後に実際に使い方の説明を受けて終了する形になります。
なお取り扱いする機器については、精密な機器でもありますので、長期間利用していれば当然、故障やトラブルもあったりします。
そういった場合にも、しっかりアフターメンテや定期的な点検を行ってくれる施工業者を選択することが大切となってきます。

太陽光発電 最安値
充実の保障が自慢です。

WordPress Themes