川口市でエコ二世帯住宅を建てる

私の主人が川口市の主人の実家が経営する小さな会社で働いています。
当初はアパート暮らしでしたが、子供が生まれるため、同じ川口市に住む主人の家を建て替えて、二世帯住宅として同居することになりました。
随分と古い家ですので、主人の両親も新しくより暮らしやすい家を建てるのが楽しみで仕方ないみたいで、みんなで和気あいあいと楽しみながら家づくりができました。
その中で、住宅メーカーを何件か廻りましたし、現場見学会などにも行きましたが、太陽光発電を設置したオールエコの家がとても多いのに驚きました。
最初は主人の両親もエコ住宅に対してはあまり興味がなかったようですが、今後、私たち若い世代が住み続ける家なので、若い世代が住みやすい住宅を作った方がいいという住宅メーカーの話を聞き、賛同してくれました。
私も、きっと子供が生まれることがなかったら、電気の大切さをあまり意識しなかったと思います。
子供が生まれ、これからこの新しい家で育てていく中で、環境問題など深刻になってきている現状を理解し、自分の家で少しでも環境問題に貢献できるよう教えてやるのが大切だと感じ、住宅メーカーのエコ住宅を建てることになりました。
そのエコ住宅には太陽光発電のパネルが設置することになっており、もちろんオール電化です。
床暖房と蓄熱式暖房機を設置して、エアコンを使わず、深夜電力で電気を貯めて有効に使うというプランでした。
周りにそういったエコ住宅を建てている人がいないので、少し不安ではありましたが、家が建ってみるとこれほど使いやすく暮らしやすい家はないと思っています。
家の中は冬でもとっても暖かいのですが、日中は蓄熱式暖房機と床暖房でエアコン要らず、赤ちゃんもとても気持ちよさそうに眠ってくれています。
その分、太陽光発電を売電分に集中的に廻すことができるようになり、毎月の明細書にそれがうまく反映されていて、とても嬉しい収入になっています。
両親の言葉もあり、この収入は子供の養育費として、子供名義で貯金しています。

WordPress Themes