再生可能エネルギーの一つとしても重要

再生可能エネルギーという言葉が新聞紙上でも賑わっていますが、何故そう言われるのかについては、明確な定義はないというのが実態でもあります。
自然界に存在する無尽のエネルギーを利用するということで、繰り返し利用出来るということで単に再生可能という意味だけで使われている用語であるそうです。
なお、その対義語としては枯渇性エネルギーであり、石炭、石油、シェールガス、天然ガスを始めとする化石燃料を使用するエネルギーです。
主に火力発電や原子力発電等で利用されているエネルギーとなっています。
確かに化石燃料については、将来地球上から枯渇してしまう恐れのある燃料群でもあり、有限なエネルギーであると試算されていたりもします。
そのため、徐々に人類にとっては、新しいエネルギーを開発していき、転換する必要性に迫られているというのが実態にもなっています。
そこで再生可能エネルギーにおいては、もっとも注目されているのが太陽光発電であり、効果的に太陽光発電が普及していけば、社会的な電力の負担を抑制することが出来ることになるのは事実でもあります。
しかも、環境に優しいということもベストであるため、地球の温暖化防止にも貢献することは間違いありません。
その他に、水力、風力、潮力、波力、海流、地熱、バイオ燃料、バイオマス等のエネルギーが多岐に亘っています。
それだけ、新エネルギーがあるのなら、原発に代わる代替エネルギーになりそうな印象がありますが、やはりこれらは未だに課題が多くて難点が有り過ぎるというのが現実です。
まず発電コスト、そして発電量、また安定性に欠けるという三つの点です。
その中でも、発電コストが高すぎることは一番忌避されることです。
産業の負担がそれだけで驚く程、大きくなってしまうからです。
しかも発電量が小さくて、安定性も欠けるとなると全然使えない電力になっているためです。
ただ将来は、現在よりも科学技術が発展する可能性が十分ありますので、上記の三点の課題をクリアしたエネルギーがきっと産み出されるかもしれません。
その再生可能エネルギーの中でも、太陽光発電の進化がもっとも期待できると考えられています。


WordPress Themes