入間市の太陽光発電を推進する

最近では、太陽光発電を推奨する自治体が増えています。
入間市もその一つです。
平成24年4月以降に着工された住宅用太陽光発電システム設置に対してかかる費用の補助金が申請により支出され、1キロワットあたり20,000円(上限50,000円)となります。
このように太陽光発電システムの導入に対して自治体が補助金を支出する理由としては、太陽光発電が地球環境に配慮した発電方法であるということが挙げられます。
従来の発電方法では、原子力や石油、石炭などの天然資源を利用して発電を行っていました。
しかし、太陽光発電はソーラーパネルに太陽光の熱エネルギーを当てることで電力を発生するので、資源の消費はありません。
しかも、二酸化炭素など地球にとって有害物質となるものを排出しません。
そこで、太陽光発電は、エコロジーであるといえます。
さらに、原子力発電所の稼働が差し控えられている昨今、全国的な節電が要請されています。
そこで、自主的に発電をする太陽光発電は、節電にも適っています。
このように、太陽光発電の必要性は高いことから、今後入間市以外でも導入が進められていくでしょう。

WordPress Themes